So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ベルボン製のモバイル用品にはサバイバルのパワーを感じる

 人間が生きる目的などないと思うのだが、そういうモノを求めてる人は意外に多い。驚くばかりだ。そもそも、我々がなんで存在できてるのか。それは先祖がDNAを繋いでくれたからだ。では、先祖は何故、DNAを繋いだかというと、根本的には原始的な本能に基づいてのことだろう。

 CVUP-300_スマホ付き_1600.jpgそういう本能に基づいて創製された存在が、高尚な目的など持ち合わせてないような気がするが、どうだろうか。ただし、人間は生きる意味は限りなくあると思う。シンプルに、せっかく生まれたのだから何があっても生ききるということだ。最終的に卵子と結合できずに死んでいった競合の精子の諸君にも申し訳ないだろう。もっとも、この事は人間以外の生物は理解している。彼ら彼女らは、ともかく生きるために生きている。脳が異常発達した人間のように生存の目的など考えないのである。

生きるために生きる。これに一度、立ち返って己を見直してもいいのではないか。まだ、イジメによる自殺が取りざたされるが。生きるためには、逃げてもいいと思う。逃げて逃げまくればいい。ただし、未成年の場合は大人の手助けが必要であろう。その点でも、大人の場合はより自由のはずだ。生活云々などと考えているのであれば、まだまだ追い詰められてないと言えよう。知人に聞いたのだが、本当の鬱病の人はともかく動けないという。いろいろと気にかかり判断してるくらいなら、それはウツ病ならぬウソ病だ。

ところで写真用品である。この、ともかく生きてやるというギラツキさを最近特に全面に出してるのがベルボンだ。ここでも報じたが、同社は自前のハイレベルな技術やノウハウを活かして音楽モバイルにも用品提案をしている。もともとの社風はギラツキのイメージがないだけに,かえって凄みを感じる。

 まさに、ベルボンのモバイル用品は生ききる凄みを感じる、のだ。

 しかし。本当にそうだよなぁ。ここの社の雰囲気は本当に良い感じで、行くとついつい広報のマタサンに無駄話もしてしまう。マタサンは迷惑かもしれないが。。
nice!(0)  コメント(0) 

KANIは突撃するフィルターなのだ

 作家の井上光晴だったかな。日々、死に突き進んでいくと語っていたのは。確かに、そういうものなのだろう。これは何も健康上のことではない。実は多くの人間が、社会的には死に向かって突き進んでいるのではないか。

31f2shUonyL._SY400_.jpgその典型的な例がサラリーマンだろう。周知のように年金はあてにならないし、在籍する企業の行く末など不透明だ。待っていても状況は悪化する方向にいくだけかもしれない。今はいいが。緩やかな死に向かって突き進むだけなのだ。もちろん自営業者も不透明な部分はあるだろう。既に全ての社会人が終演に向かって日々突き進んでいるのである。

そんな状況の中で我々はどこに向かって行けばいいのか。多分。。それでも前に向かって進むしかないだろう。さらに言えば、どうせ終焉に向かうなら緩やかに不快な表情ではなく、積極的に闘争姿勢で突撃したらどうだろうか。まっしぐらに突撃するのである。じっとしてても始まらないのだ。

ところで写真用品である。今、突撃している用品といえば‥やはりKANIフィルターだろう。突然現れて常に突進している。しかも角形のみならず丸型も投入しており、突っ込み感が凄い。

まさに KANIフィルターは突撃するフィルターなのだ。

しかし、本当にそうだよなぁ。。どうせ終わりに進むなら突撃あるのみだ[exclamation]


nice!(2)  コメント(0) 

ジェットグラフの新ビジネス提案は歴史の謎も解き明かすのだ

 受験勉強などで経験した人も多いと思うが。つまらない、覚えにくいものも身近で具体的なことに置き換えると楽しかったりして、頭に入ったりする。

いわば、抽象的なものを具体化するわけである。

11topimg.jpgこれを改めて実感したのは、酒の席である。いつものように酔っぱらって、今の人間模様と歴史上の場面における史上の人間の感情の動きをくだけた感じで話したのである。これに歴史に全く興味のない一人が食いついた。面白い。こういう風に説明されると興味ない歴史も楽しくなった、と。是非、ブログでも書いてほしい、と。こちらは、こんなのいつもの放言であったので意外だったが、そんなものかと妙な気がした。

確か、その時話したのは、本能寺の変の遠因のひとつになった、信長と配下の武将たちの懇談会の場面での一節である。要はストレスを溜め込みやすいプライドの高いインテリの明智光秀に、この光秀を老舗の名門企業から引き抜いたベンチャー社長が癇癪を起こして、このハゲー、と怒り秘書の新卒の若手社員に頭を叩かせた、これは怒るだろう、という感じである。人間の感情などは、時代を経ても変わるものではない。いろいろと歴史的な説があるし、もちろんそういう要素は否定しないが。案外、日常の感情の軋轢が歴史的な事件に結び付いたりするのだ。

ところで、写真用品である。中外写真薬品からフォト関連事業の営業を引き継いだのがジェットグラフ社である。ただジェットグラフといえば、これまでサインものを手掛けており、一般ユーザーには馴染みが薄い商材を提案していた。そこで、今回、ジェットグラフのノウハウを取り込んで目に見え具体的に示したのが、沖電気の高速プロフェッショナルカラーのLEDプリンターとフィルムメディアで出力した店舗メニューや手提げバッグへのプリント成果物である。これは分かりやすく目立つ。写真屋さんへの具体的な新ビジネス提案となりそうだ。

まさに、ジェットグラフの新ビジネス提案は歴史の謎も解き明かせるような具体性がある、のだ。

しかし本当に身近な感情に置き換えるとわかるよなぁ。ちなみに桶狭間の戦いなどは、ベンチャーの旗手が、名門の老舗企業の隙をついて株式を猛スピードで取得。電撃的に退陣に追い込んだというところか。。

写真は沖電気のプリンターです。


nice!(0)  コメント(0) 

ハクバの商品はゆりかごから墓場までフォローするのだ

 フランスの人類学者であるクロード・レヴィ・ストロースに「野生の思考」という名著がある。南米の先住民文化を研究する彼が、コペルニクス的転回のような思索というか哲学のようなものまで披露したものだ。細かい内容をきっちりと語れるような知的レベルにないので、興味のある方は自分で読んで欲しいが、その内容で思いっきり衝撃を受けた部分がある。

物事を創造する際に、きちんとした準備の元に揃えられたモノをつかうのではなく、既に『あるモノ』を何でも利用していくのである。これを、無学なこちらが自分なりに解釈すると。ともかく目的達成のためには全てを活用し無軌道に行こうという感じになる。

hakuba_mothersbag.jpgこういう発想は何とも言えず清々しい。目的に向かってまっしぐらである。江戸時代までの剣術の世界でも、真の剣豪と言われる人物はこういった思考を実践している。その代表的なのは宮本武蔵で、彼自身が自分の二刀流に関しても明言している。もともと片手で使う刀だが、もう一方の空いてる手も活用すれば合理的だ、と。そういえば、戦場での腕の良い医者は物資がなければ何でも代用して、ともかく患者を危機から救うようだ。

この思考は今は昔と謂うなかれだ。逆に、あらゆる事態が混迷するような今の時代こそ必要な思考なのではないだろうか。

ところで写真用品である。この野生思考を実践しているのがベルボンであり、ハクバである。これら2社は本ブログでも書いたように、持ってる技術を他の分野の業界でも活用している。このうち、ハクバはバッグの技術を育児用バッグ(写真)にも活用し、額縁や台紙を高齢者のためのエンディングにも活用する。

まさに、ハクバの商品はゆりかごから墓場までフォローする野生思考の品々、なのだ。

しかし、本当にそうだよなぁ。まさに野生思考力しかないよな。酔えれば何でも良いのだ[exclamation]


nice!(0)  コメント(0) 

エツミのジュリエッタフォトは乱世の動乱も収納しそうなバッグだ

もはや中途半端は通用しなくなったのではないか。全てにおいてだ。

中途半端というと言い方が悪いので、どっちつかずというか。。いや、これも悪い言い方だ。何となくバランスという雰囲気が難しいのだ。もちろん、平穏な時代ならそれでいい。むしろ、極端にぶれるのは敬遠される。治世の英雄である。だが、今の時代はどう見ても乱世だ。そういう時代は、やはりバランス感覚でなく極端にブレル姦雄こそが英雄になるのではないか。

 4975981350993-0.jpg写真業界に関して言うと。スマホがこれだけ台頭する中で、関連メーカーとも方針の転換を迫られてる。方向性としては、ごくごく軽めのものでいくか完全にハイアマやプロを狙ったもので行くかだ。今朝の朝日新聞にも出ていたが、ニコンはスマホとの差別化を徹底するために高級機に絞りこんでいく。もちろん、これは写真用品メーカーにとっても進むべき道ではないだろうか。モバイル雑貨的な商材もいいだろう。その一方で、明らかに高級商材に改めて注力するときだろう。持ち運びしやすいとか簡易系の普及型商材は、手掛けてもいいが、あくまで主軸では期待しない方がいい。ライトかヘビーの両極端か、あるいはどちらかに徹するところが今後は強くなるのではないか。ほかは、全く違う発想で既存の商材をとらえるところ。山田屋写真用品のような感じの企業が生き残るのではないだろうか。

そういえば、この程、エツミでは本革の高級感溢れるバッグのジュリエッタフォトを発売する。同社にしては異色な商品だと思ったのだが、案外、こういう商材こそ今の乱世の王道を行くものかもしれない。

まさに、エツミのジュリエッタフォトは乱世を収められるバッグ‥なのだ。

しかし。。本当にそうだよなぁ。そういえば修理のイストテクニカルサービスもプロサービス部門をスタートさせた。先が見える経営者はもう動いてるのだろうなぁ。。こちらも腹をくくり専門に特化しないとなぁ。。
nice!(0)  コメント(0) 

グリーンハウスは日本国のメディアメーカーなのだ

 自分が何者か、これははっきりと把握したほうがいい。個人の場合でも企業の場合でも同様だ。

もっとも、この場合に勘違いしがちなのは、なりたい姿や時代に要請されてるような、あるべき姿を本来の自分だと思ってしまうということであり、これは気をつけなけれいけない。

まず個人レベルで考える場合に気を付ける必要があるのは、おうおうにして自分とは正反対の資質を追い求めようとしがちな点である。どう見ても事務屋の資質なのに営業マンであろうと考えてしまい、それが本来の自分だと思ってしまうのだ。世の中、何だかんだといって、暗い雰囲気より明るいほうがいい。引っ込み思案よりも社交的なほうがいい。と、考えて無意識になりたい自分を本来の自分と考えてしまう。

だが、考えて欲しい。人間などというのは、偏ることはあり得ないのだ。自分が明るく社交的だとする一方で、実は引っ込み思案で内向的だと思う。割合はともかく、両者を包有しているのが人間だ。たまにいるのだが、自分は優れているという片方に思い込んでいるパターン。この場合、よほど自分の自信の無さを無意識に隠そうとしているか、精神的疾患かだろう。本来はバランスを取るべきであり、この割合で内向的だが意外に明るい部分が多いかも、とか冷静に考えて本来の強みをかんがえたほうがいい。
we-gh-sdmrhc_4.JPG
 ただし、このバランス云々は個人であって、法人にはあてはまらない。法人の場合は、利益追求を優先するあまり意図的にバランスを取ろうと手を広げすぎる傾向にあるからだ。それは、ある意味仕方ないのかもしれないが。本来の自社の持ち味を忘れてしまいがちだ。もともと開発力に優れたメーカーなのに、一時の苦しさを逃れるために、取り敢えず市場で数が出そうなモノを中心にしてしまったりする。だが、本来はそういう時こそ、自社の本来の強みに回帰して勝負すべきではないだろうか。その分野では、もともと競合がいないか、相手にならなかったはずだ。それを再認識したほうが、逆に効率的かもしれない。

ところで、写真用品である。こんな時期だからこそ、持ち味を再認識しアピールを考えてるのが、メディアメーカーのグリーンハウスだ。メディアメーカー。こんな呼び名に違和感さえ出ているほど、生活家電やサインディスプレイなど幅広い分野で活躍している。だが、最近は改めてメインであるメディアメーカーとしてのアピールに注力することを志向している雰囲気がある。ここの担当者によると、決して業績は悪くないが、競合であるサンディスクやトランセンドに比べると知名度がない。おまけに、価格路線でガンガン行くアジア系のところのようなパワフルな感じもない。その中で、やはり品質と国内メーカーであるという点を改めてアピールしていく。

まさに、グリーンハウスは日本国のメディアメーカーなのだ。

しかし。。本当に強みだよなぁ。こちらも、実はハイボールだけでなく、日本酒こそ本来の嗜好だということをアピールしたい。。





nice!(0)  コメント(0) 

山田写真用品の旧日本陸軍カーキ色のレリーズボタンは剛直な強さを感じる。

 年齢のせいもあるだろうが、妙にレトロチックなものが好きである。何か骨太で質実剛健さを感じるものが多いからだ。
 もっとも正確に言うと、やや世の中が安定した頃のモノには興味がない。コテコテと装飾されたような感覚は、華やかでいいとは思うが興味はない。日本で言えば元禄文化の産物などだ。

 その前の戦国から江戸初期のやや粗削りなものは魅力を感じる。同じ絵画でも、狩野なんとか、よりも宮本武蔵の描いたものの剛直さがいい。刀も後期の美術品的な銘柄のものよりも、戦国の戦陣刀や胴田貫が良いのだ。国際的な観点で言うとフランスよりドイツ文化のほうに惹かれる。

そんなおりに、レトロで骨太のピッタリの写真用品が提案された。山田写真用品のソフトシャッターレリーズボタンの日本陸軍カーキ色バージョンである。取り付けやはずしがしやすいローレット加工タイプであり、機能性も優れている。真鍮素材を使っている。もっともポイントは、やはり陸軍の戦車などにも採用されたカーキ色が徹底的に再現されてるところだ。見た感じからレトロチックで剛毅さを感じる。

まさに、山田写真用品のソフトシャッターレリーズボタン陸軍カーキ色は宮本武蔵の絵にも匹敵する剛毅さがある、のだ。

この剛直さが実にいい。ただ降り下ろすのが基本の薩摩示現流にも似た強さだ‥
R_4560440972603-2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

サンディスクのメディアは売り方の容量も深いのだ

 物事のやり方、考え方、さらに言えば生き方などというのは本当に一通りでないんだな、と思う。
 最近、ちょっとした会合に出た。そこで、自分の好きなミステリーの本を紹介する場があったのだが、ある人物が写真集を持ちこんできた。その写真があまりにも何を狙って撮影したものかわからずに謎めいておりミステリーだと主張していた。一般的に言えばミステリーとは、我々は小説を連想する。だが、そうではないということだ。

業界で言えば、イストテクニカルサービスというカメラ修理会社は、修理した製品を売るなど、他の社が行っているような商売の幅を広げるという方法は取らなかった。敢えて自社の修理技術を高めて、プロカメラマン向けのサービスをメ二ューに加えたのだ。餅は餅屋に徹しようというわけだ。いろいろな行き方がある。

生き方で言うと、坂口安吾の堕落論などは…ポジティブではなく、徹底してドン底に自分を落としてから這い上がればいい、という独自の考え方で。これは特異だが強烈なパワーを与えている。

いずれにしても、いろいろな行き方がある。

ところで写真用品である。そういう点では、世の中がオンライン販売に進むのにサンディスクは店頭メインの姿勢を崩さない。写真店にとって頼もしい存在だ。さまざまな写真イベントも積極的だし独自の手法を貫いている。

まさに、サンディスクのメディアは売り方の容量も深い、のだ、

しかし、本当に独自はいいよなぁ。ストロボ専業のニッシンもライトスタンドを出したし。これからは人も企業も独自で行くべきだ[exclamation] こちらも最近は濁り酒にはまってる。
SDSQXPJ-128G-JN3M3.jpg





ジャパンホビーツールのイージーカバーは盲点を突く装甲で売れるのだ

 盲点というのは必ずある。多くの人が子供の頃に読んだ怪盗小説では、厳重な警備の網をくぐり抜け、まんまとルパンが物を盗む。
 個人で名高いのはトロイ戦争で取りざたされたアキレウスの踵だろう。うっかり不死の水につけ損ねた踵の部分を矢で射られて死んだというやつである。まぁ、実際問題として踵を射られるくらいに接近されたら、既に敗北の状態だと思うが。それは、まぁいい。盲点の一例だ。

 あと、意外なのは現代海軍の主力艦であるイージス艦の脆さだ。イージスとは盾という意味であり、さぞや強い航空母艦と思いきや。装甲自体は極めて薄い。理由は簡単だ。現代の海戦は軍艦同士の砲撃戦ではなく、彼方の敵とレーダーで探り合いミサイルを撃ちあう形をとる。装甲は薄くして、その分、最新の電子機器を積んだほうが良いのだ。これも意外な盲点だろう。

だが、それゆえに、まさに盲点をついた事件が起こった。よりによって民間の貨物船と衝突して大穴を開けられ死傷者を出したのである。まぁ、これ自体は不幸な事故だろうが。もし敢えて計画的にこんな攻撃を仕掛けられたら脆いということだ。

盲点は常に存在する。だが、逆に考えれば。この盲点を突くことで、あっけなく人や組織は勝利するかもしれない。

ところで写真用品である。ジャパンホビーツールというユニークな用品を販売する企業がある。ここのイージーカバーというシリコン製のカメラカバーの勢いが持続している。もともと海外では人気だった製品だが、どうも日本人の繊細な感覚では違和感があったようで、なかなか浸透しなかった。が、5年ほど前だろうか。ようやく意外なシリコンの柔軟さが知られ、さらに価格も安くなったところからシンプルに売れ出した。今、旧機種対応のも含めて好調に売れてるのである。考えてみれば、大事なカメラは隅々まで守りたい。それならカバーだ。出来れば常に持つので手触りのよい方がいい。当たり前の盲点だったのだ。

まさに、ジャパンホビーツールのイージーカバーは盲点を突く装甲で売れる…のだ。

しかし。。本当にそうだよなぁ。ちなみに、記者という人種は鼻っ柱は強いが。根本は臆病者が多いと思う。何故なら、政治なり経営にそんなに高い理想を持つなら、まず自分がやればいい。そういう実行する勇気はないのかもしれないからだ。。
OWuB9U7MnllLQ5Kg_pgpTSuWJoe-M6eUR6nIrH3xESk.jpeg

市川ソフトのシルキーピクスは常に進化し変化するRaw現像ソフトなのだ

 前号でも書いたように、もはや今までの定見に縛られる時代ではないのだろう。
 書いたようにベルボンは雑貨やライトな三脚を出すし。ハクバは育児分野に手を出す。他にも、浅沼商会のエンディング産業への進出もある。特に、浅沼の場合は遺影用の額縁ということでの参入だが。最近は生前葬の需要も高い。その場合、本人が生きていて見るのだから遺影っぽい黒縁のは抵抗がある。そこで、明るい色のものが好まれるのだ。そのあたりに、さらに注力しているのが、額の専門メーカーの安井商店で。保守的な葬儀業界の中にあって、きっちりと専門の問屋を通して浸透させている。

このように、各々の立場で定見を崩して進歩し、生き残りをかけようというのが写真用品メーカーでは目立っている。例えば、市川ソフトが販売のRaw現像ソフトのシルキーピクスである。新バージョンでは、シグマのクワトロに対応するという特定のハードをターゲットとして意識している。ちょっと見慣れない傾向である。さらに、額縁や台紙にプリントを飾った状態のものをシミュレーションできる機能も備えている。これまでのものに縛られずに、渋いところで常に進化させているのだ。ちなみに、市川の担当者と雑談したおりに動画時代の活かし方について、4Kや8K動画からの切り抜き画像での加工などのアイデアを語っていた。

まさに、市川ソフトのシルキーピクスは常に進化させているRaw現像ソフトなのだ。

しかし。。本当に変わってきてるよな。これはカメラ店の写真展もそうで。ペンギンカメラさんの俳句と写真の組み合わせの展示も人気だ。全て変化だ[exclamation]

DS8_screen.jpg

前の10件 | -