So-net無料ブログ作成

ライカM10は永年のライカの歴史を体現した王道を行くカメラなのだ

 どうしても敵わないなぁと思う相手がいる。いや、何も特定するつもりはない。特定するのなら、数えるだけ馬鹿馬鹿しい。もっとも能力的な面など目に見える部分で敵わなくても、あまり気にならない。単に能力の出し方の違いだと思うからだ。

 問題は、生き方の根本を見せられたときのことだ。何が驚嘆するといって、地道にコツコツと積み上げてきた人や組織には無条件で兜を脱ぐ。もちろん、見ていて息が詰まりそうになるが、最大限の敬意は払う気になる。ひとつひとつのステップを大切に。ゼロから一歩一歩と積み上げてきた動きには、畏れを感じてしまう。ヤクザあがりの作家の安部譲二氏が、コツコツと満員電車に乗り生活を積み上げていく『サラリーマン』という人種をつくづく見るようになって『尊敬の念を通り越して畏れを感じた』と言っていた。その気持ちが何となくわかる。

 Leica-M10-with-Protector.jpgこれが、例えば勢いだけで乗り切ろうとする動きとか、斜めからの目線で斬りこもうとかいうのであれば、あまり敬服しない。自分にもそういう要素があるからだ。

 だが、コツコツ型は違う。何度も書くが、こういうのには敬服する。そもそも、このコツコツ積み上げる姿勢こそ、今の世界を創ったと思うからだ。

 具体的に言えば、人類の発展だ。そもそも、今の陸上の生物というのは水中から上がってきたわけなのだが、その際に何度、少し浅瀬の陸地で飛び跳ねようとしただろうか。少しずつチャレンジして、地道な飛び跳ねを経験したうえで、トータルでやっと水たまりくらいで暮らせるようになった。さらに発展して、そこから何度も地道に経験を重ねて、ヒレを足や手に進化させた。さらに、樹の上で生活し、砂漠化が進み、そこから平原に仕方なく降りてきて二本足歩行を少しずつ繰り返してきた。この地味な積み重ねで、少しずつ脳機能を活性化させて霊長類たる人類に進化していった。

 この根本は、地道な努力の積み重ねだ。一歩は小さくても、いつのまにか積み上げてきたら非凡な存在になったというわけだ。

 こちらだったら、そうはできない。途中で面倒になり、一足飛びに空を飛んでいけないかなどと考えてしまいそうだ。あるいは、何故、わざわざ過酷な陸地にあがるのかと水でじっとしてシーラカンスのようになったかもしれない。また卑近な例であげれば、こういった写真関連のブログについても言える。こちらはテキトーな人間なので、こういう変則的というか、写真を語らない写真用品ブログになってしまっているが、正統派の写真関連のブログには全く頭が下がっている。これらのブログの多くは、地道に作例を撮り、検証を重ねて記事をまとめている。自分には無理だし努力しても真似できないが、ともかく最大限の敬意は払いたい。

 ところで写真用品である。というか、たまにはカメラを登場させる。1月28日にライカがM10というレンジファインダー式のカメラを発売する。独自のセンサーを搭載しており、コントラストやシャープネスの部分など優れた仕上がりが得られるように配慮されている。操作性も抜群である。Wi-Fi機能もあるので、スマホなどへも対応できる。その割には、無駄な部分は排除されており、全体のボディはスリムである。さすが、ライカといったところ。だが、これらの充実した性能の裏には、ライカ社の長い歴史の中で育んできた地道な努力の結果が体現されている。まさに伝統であり王道をいくカメラだ。

 ライカM10は永い歴史の積み重ねで非凡な結果を生んだ王道のカメラ、なのだ。

 しかし・・本当に王道は凄いよなぁ。。なんでも地道にコツコツだ。そういえば、中年世代以上しかわからないと思うが、かつて、やすしきよし、という王道の漫才コンビが君臨していたが、そのきよしのほうの口癖が、確か『小さなことからコツコツと』だったと思う。彼は、そのコツコツで国会議員のセンセイにまでなった。コツコツは強いよなぁ・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0