So-net無料ブログ作成
検索選択

山田台紙の三面台紙は売れるべくして売れる商品なのだ

 そろそろ受験シーズンも終わりに近い。もっとも、受験生によっては国公立受験がメインの場合もあるだろうから、これからということになる。考えてみれば、もっとも夢に近く、また実現の結果がはっきりするのが受験生なのだから、ある意味ワクワクのシーズンであるだろう。夢などというものは、語感さえ忘れてしまった立場から言うと羨ましい限りである。

 R_music concert_fujicamera-1 - コピー.JPGところで、受験必勝法というのは、どこにあるのだろうか。もちろん、プロの教育人でないので確固たることはわからない。が、原理原則で言えば、問題の答えが思いつくような訓練をしたほうがいいということになるだろう。もちろん、単に答えを暗記するような馬鹿なことではない。あくまで、基礎的な知識はしっかりしたうえでの訓練のやり方だ。そう、もはや勉強というよりも、訓練に近いような気がする。

 この欄でも書いたことがあると思うが、司法試験受験生の間で有名なP&C方式というものがある。要は、問題を見て、回答がすぐに浮かぶように訓練するというやり方である。司法試験などというのは、卓越した事務処理能力も必要とされるものであるから、こういう素早く解く訓練は有効である。現に、この方式でスキルを上げた受験生は次々と合格している。なお、こういう一問一答方式は、意外に使われており、司法試験のみならず他の資格試験やあるいは、大学受験などにも使われている。大学受験の場合は、特に暗記科目で威力を発揮する場合が多い。

 このように、問題すぐに回答。要は問題と回答が表裏一体というパターンを取ることで必勝の方程式が生まれる。これは、商品開発でもそういう部分はありそうだ。

 これもこの欄でもお馴染みの山田台紙店の話である。同社の新製品である3面台紙というのは、ちょっとユニークだ。だが、聞くとこれは同社のオリジナルの発想ではなく、千葉市の取引先の要望から製作したものらしい。その店は、顧客からの要望により同社に発注したのであるから、当然にマーケットはあることを前提にできた品だ。これは売れざるを得ないだろう。このパターンは、結構用品では多く、ユーエヌの大ヒット商品であるモニタリングプロに至っては、都内の有名なカメラ店の担当部長が案を出している。そう、売れるための王道の商材ということだ。

 まさに、山田台紙の3面台紙は売れるべくして売れそうな台紙、なのだ。

 これは本当にそうだと思う。現場からの実際の声のものは強いのだ。これはサービス提案でも言えることだろう。新ビジネスを立ち上げるときに、自分の頭で考えても仕方ないと思うときがある。あくまで、顧客の考えに沿っていくのが筋ということだ。取り敢えず、最近はキーワードのネット検索というテもあるし。。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0