So-net無料ブログ作成
検索選択

プロフォトのライティング機材はあらゆる客層まで照らすのだ

 表面ではわからないが、ひとつの出来事が思いがけない効果をおよぼすことがある。

 例えば、フランス革命時のマリーアントワネットの役割である。彼女こそ、財政破綻で行き詰まったフランス王室を歴史的に終焉させるための象徴的な存在として利用されたと思う。

 プロフォト画像.JPG巷間伝えられるところによると、彼女は非常に贅沢であり、その浪費がフランス王室の財政破綻を呼んだと言われている。だが、実際はそんなことなどあるものか。ひとりの人物の贅沢などたかが知れている。いくら浪費しても使いきれるものではないだろう。だいたい、マリーアントワネットは人が見ていないところでは、意外に質素な生活態度を貫いていたという話もある。

要は、フランスはマリーアントワネットの夫の16世を遡り14世のときに行った海外戦争の戦費調達の度が過ぎて破綻に向かって突き進んだのだ。その後に何ら財政改革をしないのだから、それは破綻するはずである。
 
 だが、民衆というのは、わかりやすいものが好きである。そこで、目立つシンボルが欲しかった。それが、マリーアントワネットである。全ては、この女の浪費のせい、などと事を単純化して理解することで、民衆にとっては闘争心をかきたてられたのだ。もっとも今みたいに、情報公開の制度があったら、すぐに理解できただろうなぁ。そもそも、フランス革命前の王室の収入は年間5億リーブル、累積赤字が45億リーブルである。負債の利子だけで年間3億リーブル、この他、年金などもろもろの支払いが2.5億リーブルと伝えられる。マリーアントワネットがどう質素にしたとしても、支払いのほうが、収入より多いのだから、既に破綻していたのだ。なのでフランス王室はもはや倒れる運命にあった。その名目としてマリーアントワネットの悪女としての役割が必要だったのである。つまり、フランスをバランスのとれた近代的な市民社会に導く役割を担ったのが彼女であったとも言えよう。

 同じような役割を担った存在は日本史にもいる。今川義元である。彼は、実はかなり豪腕の戦国大名であり、しかも血筋もいいという稀有な存在であった。だが、関わった人物が悪かった。もはや人間のレベルを超えた発想をする織田信長である。不世出の英雄というやつだ。史上において、今川義元の存在はこの英雄に最後に一度だけ敗北したことにより、それまでの辣腕ぶりがかき消され、都かぶれの変なオヤジということになってしまったのだ。要は、織田信長の存在をクローズアップするという自分でも思いもよらない役割を担ってしまったのだ。

 ところで、写真用品である。プロフォトという周知のようにモノブロックストロボを発売する有名企業がある。このプロフォトの最大の特徴は、ライティングの際の操作が非常に簡単だということだ。しかも品質レベルは周知のごとくプロレベルである。結果、ここの商材が広まるに連れて、簡単操作ということで、画作りを楽しむアマチュア層や、週末だけ副業カメラマンをする『週末カメラマン』が多く購入。こういった層をクローズアップするという役割を担ったのである。ライティング機材所有者の幅を広げたのである。もちろん、こんな役割を担うとは、プロフォト自身も思ってもいなかっただろうが。

 まさに、プロフォトのライティング機材はあらゆる客層まで照らし出した、のだ。

しかし・・本当に予想外の役割を担うことがあるよなぁ。先日、行きつけの安酒場にいったところ、常連の一人から隣町の某店の悪い評判を聞いた。その結果、隣町にある、この行きつけの安酒場が安いこともあって、客足が増えたという。隣町の店もとんだ役割を担ったものだ・・。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0