So-net無料ブログ作成

ミーナの写ルンです革ケースは売れる理由が証明しやすい商品だ

 意外と当たり前のことを見落としがちだったりする。

 ここのところ、酒場で自分より下の年代の人間たちから仕事に関する相談を受けることがある。いや、別にこちらなどを頼りにしているわけではない。誰でもいいから相談したかったのだろう。というのも、話の内容をよくよく聞いてみると、転職を思いとどまらせて欲しいという要望が感じられるからだ。つまり、今の職場に不満だらけなので、何とか逃げ口を見つけたい。だが、実は転職する覚悟はない。そこで、取り敢えず同じ酒場でよく安酒を呑んでいるオジサンに転職を反対されて考えを変えるという図式をとりたいのだろう。よく背中を押す、というが、背中を引っ張って欲しいのだ。

 これは、だが人間のどうしようもない真理だろう。だいたい、ある行動に出る人間というのは、いちいち人に相談したりしないですぐに実行するだろう。相談するとしたら、実行しながらの方法論に関して意見を求めるという感じだ。なので、相談するというのは本当は実行したくないのだ。それを肯定して欲しいので相談ということになる。

 170406-80050-038-2.jpgもちろん、これは意識的にではない。無意識のうちについつい行ってしまうのだ。だが、こういった心理の深いところまでは人は考えない。シンプルに考えればわかる当たり前のことを、自己防衛のために見落としがちなのである。逆に考えれば、結構シンプルに考えたら人は、良い選択ができるのではないかと思う。

 こういった形でシンプルに考えると、ミーナーが発売している写ルンです革ケースが売れるのは理解できる。日常的に楽しめる撮影道具なら、なるべくお洒落にして持ちたいということだ。で、販売店のほうから考えると、これをお客に売れば、その客は何回も写ルンですを買い換えてくれるだろう、と予想がつく。なにせ、せっかくケースを買ったなら、一回で終わらせるのはもったいないからだ。なので、顧客に積極的に勧める商材として認識しPR。これにより、客も店員も双方ともに、ケースの売上に寄与する結果になるのだ。さすがミーナ。目の付け所が違うのだ。

 まさに、ミーナの写ルンです革ケースが売れるのは自然に証明できるのだ

 しかし・・本当にそうだよなぁ。。当たり前のことというのを人は忘れていると思う。酒場では、ビールから入り焼酎、日本酒と続くのが当たり前ということだ。そちらの日常も個人的に遵守したい。

 そうそう。来週号は連休週間ということで、本欄は休むかもしれません。気が向いたら休まないかもしれませんが。。よろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

kii

ミーナさんは、面白い製品を本当に出しますね。
びっくり。
ブログ記事の内容が最近充実し過ぎですね。
刺激を受けます!!
by kii (2017-06-03 08:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0