So-net無料ブログ作成

KPIのGODOX A1は奇兵隊並みの光のパワーを持つのだ

 庶民が圧倒的なパワーを見せつける例もあれば、一見立派な家柄の高い人間が非常事態に無様な様を見せつける例もある。

その2例が同じ時期に、同じ組織内で存在した。幕末から明治にかけての長州藩でのことだ。

GDX_A1_main (1).jpg前者は、高杉晋作が立ち上げた奇兵隊だ。農民や商人で多くを構成している同隊は、幕末に各地で目覚ましい戦績をあげて、明治になり一転して反乱軍の立場になると、幼少よりプロの戦闘員としての訓練を積んできた武士の正規軍を圧倒。維新の英雄の桂小五郎こと木戸孝允まで引っ張り出した。死に物狂いの覚悟と実戦経験が、爆発的なパワーを産み出したようだ。

一方、後者の典型的な人物は、幕末に京都留守居を務めた乃美織江だ。家柄は抜群なので、当然ながら役についたが、かなり年下の桂小五郎が上司になった。で、池田屋事件が起こった際は桂が死んだ、と誤報して藩内をパニックにさせた。さらに、京都での立場逆転を狙って進軍してきた若い家老たちを年の功で説得しようとしたら、無能な保守的なオヤジとバカにされ無視された。藩邸に帰りやけ酒を呑んで泥酔。挙げ句の果てに、何か勘違いして藩邸に火をつけて、さっさと逃亡した。人は悪くなかったらしいが、あまりにも無能なシニアの名を歴史に残した。

激動の時代のあれこれだ。

ところで、写真用品である。KPIから、4月25日にワイヤレスフラッシュユニットのGODOX A1が発売される。実はスマホ用である。スマホ用と言っても、GODOXである。本格的な仕上がりであり、プロ向けの大光量ストロボと無線を介して同調もできる優れものの本格派だ。

まさに、KPIのGODOX A1はスマホ用だが奇兵隊並みのパワー光量を持つ、のだ。

しかし、本当にそうだよなぁ。乃美織江という人物は何か身に詰まされる。まぁ、こちらは家柄良くないし安酒だが。。酔ってしまえば同じか。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。