So-net無料ブログ作成
検索選択

山田屋写真用品のカメラきんちゃく袋は全ての矛盾をも包み込むのだ

 どうも理解できないことがある。世の中で、リベラリストと言われてる人たちの言動だ。

 それぞれが主張するのは勝手だ。護憲でもなんでもいい。だが、リベラルなのに、その人らと違う意見を述べる人たちに対して、徹底して反論して意見を潰そうとする。それで、平和と自由を愛するという感じになるのであろうか。同様に、組織を嫌うのはいい。だが、組織を嫌う人たちで徒党を組むのは、もはや組織作りをしているということではないだろうか。無所属の会、とかネーミングとしてはかなり矛盾をはらんでいるのではないのだろうか。

 yamadaya.JPG高校生の頃の話で恐縮だが、非常につまらない時代小説を書いてみたことがある。主人公の武士が剣に志を立てて、ある流派の道場に入りメキメキ腕をあげた。だが、その流派特有の組織としての雰囲気に嫌悪感を抱いて、山にこもり自己流の剣を完成。それで、道場破りを繰り返し名を響かすのだが、気がついたら自己流の自分の剣を真似るものたちがいて、いつの間にか自分が流派という組織を作ってしまっていたというストーリーだ。

 最初は喜んで書いていたのだが、そのうち面倒になり、かつ読み返した時の、あまりのつまらなさに書くのを止めた。

 もっとも、こういうことは往々にあることだ。この剣術の話にしたって、塚原卜伝創始の新当流だって、もともとは自分の流派を当流と言っていたのであって、特別に名前をつけていなかったらしい。それを新たに太刀筋を加えたので、新当流にしたという説もあるくらいだ。この動きは、宮本武蔵なんて顕著で、彼の剣術は父親から若干の手ほどきを受けただろうが、多くは道場を渡り歩いたり、あるいは真剣勝負の中で工夫し、修練を積んだ自己流の剣術だ。二天一流とか、どう考えても後からつけた気がする。

 ただし、塚原卜伝も宮本武蔵も、自己流がいつの間にか正式な流派になり自分を中心に組織を作ることを拒絶はしなかった。とは言っても、もともとは自己流なのだから、当たり前だが、同じくらいの技量の後継者は育たなかった。矛盾の結末だ。

 いずれにしても、どんな人間でも偉人でもいつしか、こういう矛盾のようなものは抱え込んでいる。もちろん、それに気がついている場合があるが。こればかりは、どうしようもない。結果、そのあたりは適当に考えたほうがいいということになる。

 そう。適当とか適度がいいのだ。あまり追求しても答えがでない。人も認めるが、自分の主張もするとか。自己流の剣術を立ち上げて研鑽を積むが、それを真似て勝手についてくる人が居ても拒否はしない、とか。ニュートラルに近くやってみればいいのかもしれない。

 ところで写真用品である。山田屋写真用品から、帆布カメラきんちゃく袋のLサイズが発売される。これまでのきんちゃく袋も売れていたのだが、今回のサイズにより明確に一眼収納ターゲットになる。内側ポケットも二箇所ついているのもいい。その、きんちゃく袋だが、表は帆布でしっかりしているものの、裏地はふかふかのポリエステル生地となっている。つまり、表側と裏側で硬軟のバランスをとっているのだ。この適度さがいい。

 まさに、山田屋写真用品のカメラきんちゃく袋は全ての矛盾を包み込むふかふか生地がいいのだ

 しかし・・今回のフォトアクセサリービレッジことPAVは盛況だったよな。もうすっかり定着していた。特に感心したのはベルボンのマタさんのセミナーだ。ジョーク混じりで三脚について語る彼の姿勢に感動した。人間として大きくなったよなぁ。。腹回りとともに。。

イメージビジョンのライティング機材は一寸先を光に変える製品群だ

 一寸先は闇だというが、本当にそうだろうか。この年齢になると、妙に疑ってしまう。

 だいたい、ちょっと先が闇なら、人は動かなければいいことになる。まぁ、それはそれで楽かもしれないが、世の中、そういうわけにはいかない。そこで、闇に遭遇する。だが、その闇というのは永遠に続くものだろうか。

 有名な寓話というか、ケースがある。この欄でも一度取り上げたかもしれないが、敢えてもう一度書く。

 dicumbcacc452_1_42128-1.1442303510.1280.1280__36948.1442995491.1280.1280.jpgある野心に満ち溢れた青年がいた。彼は、米国のゴールドラッシュの折に、人が目をつけていない某所に着目した。思い切って借金をして投資をして、機材を揃えて、その某所を掘り進んだ。すると、見当通りに金が見つかった。それで借金を精算し、なおも掘り進んだ。もう、自分の儲けだけである。だが・・ある地点まで行くと、ばったりと金が掘り出せなくなった。掘っても掘ってもダメである。周りの人々も、金鉱掘りのベテランたちも、もう鉱脈は途絶えたと指摘した。彼は結局諦めて、機材を街の道具屋に叩き売ると、すごすごと撤退した。

 だが、その道具屋は何か勿体なさを感じた。そこで、地元の大学を訪ねて地質学の専門家に謝礼を払い調査してもらった。結果、なんと、その青年が掘ったほんの数メートルの深さのところに大きな金の鉱脈が存在していたという。その道具屋は二束三文で渋々買った青年の機材で掘り進み、大儲けしたという。

 ちょっと、踏み込めばいいのだ。一寸先は闇ではない。むしろ、一寸で止まっているから闇しか見えないのだ。実は、二寸、三寸まで行くと光がある。

 ちなみに、この話には後日談がある。その諦めて撤退した青年は、風の噂でそのことを聞きつけると、深い後悔の念で寝込んだという。だが、その病床の中で、彼は考え続け悟ったという。一寸先は光だという事実を。限界だと思ってもちょっと踏み込めば、その先には大いなる利益が眠っていると。さらに、そのためには経験則だけの意見ではなく、学術的な専門家の意見を聞くなど、視点を変えた工夫も必要だと。その後に、彼は病床から起き上がると、保険業界に入りセールスマンになった。この時の気持ちが活きた。二寸先、三寸先まで踏み込んで、トップセールスマンとなり、ついに独立して保険会社を起こした。その会社が確か、有名な保険会社だったはずだが、忘れた。いずれにしても、一寸先は闇どころか、実は一寸先まで行くと光なのである。

 このケースは大きな事業の話だが、ごくささいな人の習慣というのにも通じる。これも本欄では良く触れているのだが、人には変わることを拒絶するという脳の習性がある。これは仕方ない。ひとつの状態を保つと、防御本能が働くからだ。例えば、今日からダイエットのために毎朝、腕立て伏せを50回やろうと決めたとする。だが、3日目くらいになると、何か邪魔が入ったり体調が悪かったりと止めてしまう。これは、本当に邪魔が入ったのではい。具合が悪かったのではない。いや、そういう事実は若干あったとしても腕立てをサボるほどのものではなかったりする。これまでのブヨブヨの自分を保ちたいという脳幹の働きなのだ。だから、こういう場合でもともかくやってしまう。一寸先から少し先に行ってみるのである。すると、脳は新たに毎朝腕立て伏せする自分というのを保とうとする。そうなったらしめたものだ。

 よく会社に文句を言っている人間がいる。では、転職したり独立すればいいのだが、そういう行動は取らない。いや、いざそのことを実現できる段階になると、足が竦んで、やはり不満のある境遇に留まってしまうという人をたまに見る。これも、脳幹に支配されているということになるのだろうか。こういうタイプはまさに、一寸先は闇かもしれない。

 ところで写真用品である。イメージビジョンというライティング機材などを発売している企業がある。今月に入り、移転したのだが、その新社屋のスタジオスペースはかなり広くなっており、様々な機材が試せそうである。さらに、ここが発売したカクタス45おりたたみアンブレラは、50センチ程度の大きさにまで折りたたんで収納できる。もちろん、強い光を拡散し、自然でやわらかな光を拡散できる。使いやすく、かつ品質が優れているのだ。こういう商材を持つイメージビジョンは、常にアイテムを増やし、このアンブレラのようなユニークな商材を展開している。来月には大型の吊り下げ型のライティング機材も発売するようで、常に一寸先も二寸先も踏み込んでいるのだ。

 まさに、イメージビジョンのライティング機材は一寸先を光に変える商品群なのだ

 しかし・・本当にそうだよなぁ。一寸先は闇なんて、誰が行ったのだろうか。どうも、ことわざとか格言というのは、昔ながらの防衛本能に根付いたものが多い。時代は変わったのだから、新たな形になったほうがいいと思う。そもそも、ことわざというのは非常に矛盾している。「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」は、一度決闘して決着をつけて欲しい!

セコニックのL-858Dは秘めたパワーを持つ露出計だ

 文章読本のような本がある。いわゆる、文章の書き方を書いた本である。論文や一般的な作文のものもあれば、エッセイの書き方や小説の書き方のようなものまで多種多様だ。中には、著名な作家のものも数多くあったりする。

 これらは非常にプラスになるかもしれない。だが、自分には全く不向きなのである。例えば、論文だったら序論、本論、結論、あるいは、問題提起、意見表示、展開意見、結論か。。エッセイだったら起承転結とかか。と、こう書いてわかるように、確かにそのテの本は、こちらも過去に読んだ。それは、論文のようなものなら非常に役に立つからだ。だが、こと自由な作文のようなものを書くさいに、これらの教えを守っていると息が詰まって仕方なくなる。そうか、こういう構成でいくんだなと考えると、何か未来がわかってしまっているみたいだ。そのうち頭がグラグラしてきて欠伸が出て、挙句の果てに寝てしまう。もちろん著名な先生方がいうのだから、こういうのを守ったほうがいいに決まっているのだろう。だが、どうしても、そういう気が起こらないのだ。

 newproduct_20160921_sekonicL858d_I.JPGでは、どんな感じがいいのか。文体から自然と吸収する感じが自分には合っているようだ。様々な文章に触れて、いつの間にか文体を記憶している。それが憑依して筆が進む。それが理想のような気がする。剣術で言えば身体が切り覚えていくような感じだ。構成などを考えていくのは、要は道場剣法だろう。それは、一定のルールで戦うのなら、そちらのほうが有利だろう。だが、実際の戦場に出たら、ひたすら切り覚えた技で斬、斬、斬だ。。

 と、面倒くさがりやの言い訳を書いてしまった。要は、定型の重要さは理解しているものの、決まりきったものは閉塞感があるということだ。これは、こと文章の話だけではない。運動選手でも、せっかくの潜在的な能力がありながら、決まりごとに染まってしまい、本来の力を発揮できない場合もあるということを聞いたことがある。

 これは、運動というより古の戦の話だが。可児才蔵という豪傑は、これまで戦場では槍さばきで殊勲を上げてきた。だが、あるとき、正式に槍術を習ったところ、それを重視するあまり戦場での働きが鈍ってしまった、と嘆いている。こういうことは起こりうるのだ。定型に縛られて、動きに柔軟性がなくなったということか。そういえば、受験予備校サポートスタッフをしている学生が語っていた。受験生のうち一定の割合の人々が、その予備校の人気講師が提唱している○○解法のようなものに縛られて悩み、連絡してくるという。本番では解ければいいのに、何故、そういうものに縛られてしまうのか。彼は首を捻っていた。

 ところで写真用品である。セコニックからL-858Dという露出計の新製品が発表された。その大きな特徴は、閃光時間測定の良さで、文章のスペックでは1/20,000秒となっている。だが、実はこれには秘めた部分もあり、担当者によると調整と設定で1/80,000秒まで可能ということだ。既に現時点で1/50,000秒は実証できているとのこと。12月の発売までに調整できそうだ。このように、秘めた力はあるということ。文章スペックなどというものに拘らないで、大いにパワーを見せつけそうなL-858Dであった。

 まさに、セコニックのL-858Dは型にはまらない秘めたパワーのある露出計、なのだ。

 しかし・・本当に形式は疲れる。読めば読むほど、文章を書くのがつまらなくなってくるのが不思議だ。これも、作者のテクニックのひとつなのだろうか、と疑いたくなる。

原宿のアトリエピッコロは写真プリントの柔軟な楽しみ方を教えてくれるスポットだ

 業界紙の記者という仕事はなかなか面白い面もあるが、意外に不自由な面もある。当たり前のことだが、記事を書くにあたっては、写真業界という範囲内で逸脱することはできないのだ。もっとも、周辺的なことは書いてもいいだろう。だが、それにしたって最終的には業界に対して何らかのアプローチをするものでなくてはならない。まぁ、それは当然と言えば当然だが。

 20160927_143108.JPG例えば、今週取材したグラマス銀座のショップだが、あそこは液晶保護ガラスのグラマスを販売している店という観点を捨てて観るわけにはいかない。そもそも、業界の主要企業の一つである銀一との絡みなのだから、保護ガラスは当然に中心に見ていかないと意味がない。だが、どうみても、あそこはグラマス保護ガラスの店というよりは、グラマスブランドを有する坂本ラヂヲの情報発信基地のような存在だ。知っての通りに、坂本ラヂヲというのは、他が追随していないジャンルでの徹底したハイグレードな商品を得意としている。だから、保護ガラスも凄い代物なのだが、それは他の商品についても言えるのだ。車検証入れの高級バージョンや、通帳入れ、クロコダイルのiPhoneケース、あるいはカーボン傘など盛り沢山だ。逆にそういう会社なんだなぁと改めて認知できた。

 これが、店舗経営などという感じの雑誌だったら、尖ったラヂヲショップ銀座に誕生、などと書くのだが、そこまで弾けるわけにはいかない。

 だが、本当にそういものだろうか。ふと、疑問を持った。実は自縄自縛というやつで、業界という範囲から逸脱しなくても、非常に幅広い観点での情報というのはあるのではないか。その考え方の手法のひとつとして言えるのは、写真の存在そのものの多面的な活用法に視点を移してみるというやり方だろう。具体的に言えば、写真は布にプリントしてもいいし、よくあるパターンだがマグカップにしてもいい。クロスワンが提案しているように、家庭内ソケットの電源部の空いてるスペースに印刷してもいい。ともかく好き勝手にしていいのだ。

 と、ここまで書いて改めて思ったのだが、人の精神などというのも同様だろう。自分で勝手にキャラを決めて、自分を保とうとすると疲れて仕方ない。そう自分でやっておきながら、窮屈だとか、疲れた、などという。自分ではそれが恰好いいつもりかもしれないが、傍で見ているとそうでもなかったりする。よく、スナップ写真を見ると、この人は笑ったほうがすごく感じがいいのに、と思うのだが、それが決めポーズなのか敢えて斜め向いたりする人もいる。実は、ニュートラルで構えない自分こそ、一番良かったりするし、また常に自然体なので柔軟に対応できる。真の意味で強い状態であったりするのだ。

 確か、北辰一刀流だったかな。常に、剣先は揺らして向き合う。これは、視点を定めて堅い直線的な動きにならないようにするためだと聞いたことがある。これを極端にしたのが、宮本武蔵の剣法である。彼は、二刀流で有名だが、その意味は、片手で太刀を使う修練のような発想から生まれた。確かに、二本の手で独立して剣を使えるならば、こんなに強いものはない。武蔵は、戦い方も臨機応変だし、常に構えを持たなかったようだ。現代で言うと、格闘家の青木真也氏のファイティングスタイルが、これに近い。

 おっと、話が逸脱した。まぁ、個人ブログなので許して欲しい。。

 ところで写真関係で言えば、そのように構えを持たずに柔軟に写真プリント活用の幅広さを教えてくれる存在がある。都内の原宿にある鈴木さや香さんのショップ「アトリエピッコロ」である。写真出力の楽しさを柔軟に提案する同店では、人気写真家である鈴木さんの作品群をプリントした封筒などが並んでいる。もちろん、正統なプリントもあるが、写真出力はどんな楽しみ方だってあると改めて教えてくれるようなスポットなのである。アドラー心理学でいうところの常に目印となる光のような存在っぽいだろうか。

 まさに、原宿のアトリエピッコロは柔軟な写真出力の楽しみを教えてくれるスポット、なのだ。

 どうだろうか。いつも用品そのものをモチーフにしているので、たまには逸脱してみた。でも、まぁ、定見に凝り固まるほど詰まらないものはない。札幌でも女性写真家がユニークなイベントで柔軟なイベントを行っているし、だいたい用品メーカー7社が自主的に集まって開催したイベントのPAVもある。世の中、やはりなんでもありだ。極めて自由な時代になったのだ。その要因としてはSNSの普及などもあるだろう。いずれにしても、自縄自縛はなしで、ともかく自由に動いてもいいのではないだろうか。これからは、酒場でもソフトドリンクオンリーでもいいのではないだろうか。挑戦してみよう!