So-net無料ブログ作成

ベルボンのUTC-63は自然の流れに沿った売れ筋三脚だ

昔から、全てを無にしたくなるような衝動に駆られるときがある。だいたい、心の中で葛藤することがあり、その後の物事の継続が面倒くさくなるのだ。例えばである。積み木を積んでいたら、凝ったものにして9分通りできたところで、その後に自分が喜んだり、人に見せたりといった決まりきった手続きが続くのが嫌になってくるのだ。これをやめて、もう一度、シンプルな部分から立ち上がりたいというやつだ。結果、積んでいたものをグチャグチャにする。

 utc63_0480.jpg人のものを崩すのではなく、自分のものを崩すのであって、それほど社会に影響を与える行為ではないせいか。この癖のようなものはなかなか治らなかった。だが、この行為は。非常に馬鹿馬鹿しいものではあるのだが、妙な爽快感を覚えて清々しい気分を残したりするから不思議だ。

 と思っていたら、そのうち坂口安吾の堕落論を読んで納得した。彼は明確な形で、この衝動後の清々しさとパワーのようなものを描写していたからだ。そう。彼が書いているように、自己の持つちっぽけなものなど破壊したところで、たかが知れている。根本的なものは残るのだから、また立ち上がっていくというわけだ。まぁ、でもこれは人間の生き方だけではなく、世の中の動きも同様だろう。破壊と建設、これの繰り返しによって社会は自然と熟成してくる。それも真理ではないか。

 やや大きな話になってしまった。だが、こういった破壊衝動と無からの開き直りによって大胆な行動に出た人間は意外に多い。福澤諭吉などというのは、身につけた蘭学をいともたやすく捨て去っている。当時は、今後の世の中の流れなどわかるわけないのにだ。彼はそういうところがあって。後年、慶應義塾の経営が苦しくなったら、閉鎖を真面目に考えた。それも、意外にあっさりとした感じでだ。さらに強烈なのは、少し前の時代の吉田松蔭だ。ともかく、自分の主義のためにはすべてのものを捨て去り突進していく。ある歴史作家が評していたのだが、もし彼が憲法改正論議に加わっていたら、全て捨てて自分たちで作り直せ、それで現行のものと全く同じものができたとしてもいいではないか、という発想をするだろう、と。

 これらに言えることは、守ろうとすると弱くなる。逆に、自分の今までのものを守ろうとしなければ、その先があるということでもある。破壊して改めて建設するという、一連の動きは繰り返すように、自然の流れかもしれない。もっとも、こちらのような平凡以下の人種であれば、守るべき身分も財産も信念もないので、破壊しても建設もなにもないのかもしれない・・。困ったものだ。

 ところで、写真用品である。ベルボンのUTC-63が売れている。カーボンタイプの徹底させた剛性と持ち運びに便利な優れた軽量性がウリだ。これなど、一度、トラベル三脚というものの利便性に偏る部分を崩して、剛性というものを大きく取り入れている。結果、持ち前の軽量性というものをミックスさせることに成功させたというわけだ。店のスタッフが気に入り客に勧めるという異例のパターンの商品だ。

 まさに、ベルボンのUTC-63は世の中の流れに自然に乗った三脚、なのだ。

 しかし・・どうも、このプチ破壊と仕切り直しという癖は良いオヤジになってもそのままだ。まぁ、フリーのライター時代も含めると、お陰で様々な業界を経験できたので、つまらない見聞は広がった。なので、良しとはするか。。と言いつつ、価格破壊の酒場でハイボールを呑んでいる。。

山田台紙の台紙とアトリエピッコロの写真封筒は日本人の心に寄り添った提案用品だ

江戸の人間の特徴として、宵越しの銭は持たない、というのがある。これは、言葉通りのもので。その時の稼ぎは宵を待たずに使ってしまおうとうものだ。

 もっとも、これは時代的な根拠がある。当時、木造家屋のみで構成されていた江戸住宅は、ちょっとした火の不始末ですぐに焼失する。まぁ、大商人らは土蔵にしまうという手はあっただろうが。庶民にはそんな術もない。そこそこ稼いで蓄えたところで、すぐに家財はなくなってしまう。その一方で、火事になればすぐに建設需要が生まれるから、仕事は発生してくる。結果、馬鹿馬鹿しいので稼いだ銭は使ってしまって、また働いて儲ければいいというやつだ。

 ここからも理解できるように、宵越しの銭説はきっちりとした根拠があるのだ。少なくても、江戸中期くらいまでは、この理論がまかり通っていた。

 だが。時代は変わる。必ずしも経済はそうでもなくなってきた。使ってしまっても後がない。そうそう都合よくプラスの現象は起こらなくなったのだ。

R_fathersday_rose_TT_blue20150521.jpg では、江戸庶民・・いや、もはや時代とともに格差はなくなったので、日本国民はどうしたのだろうか。当たり前だが、銭を用心深く管理するようになった。ただ浪費するのではなく、蓄財のために投資したり、あるいは自己投資ということで使ったり。あるいは、全く使わないという方向性に行くようにした。

 これは、まぁ当たり前のことだろう。それはそれで仕方ない。だが、問題は精神の残骸である。

 器用な日本人としては、現状に合わせて実質を変えたとしても、宵越しの銭の精神は残したのである。それは、何か。記憶を飾るという行動パターンである。あの銭を失ってしまっても美しい花火は見てやる、という記憶経験は根強く残してきたのである。

 ものはなくなる。だが、自分の楽しい記憶は残す。そのための仕掛けをいろいろと考えてきた。そのひとつが、写真というツールでもあるのだろう。しかしながら、ここで日本人の器用さが侵食してしまう。この写真分野にも、データ化という能率性を取り入れて、収納などの手間をかけることない画像保存という手段を選択したのである。

 これはこれで仕方ないのかもしれない。また、若い層に限ってそういう傾向が強いのも時代の流れととともに仕方ないのかもしれない。

 だが、そんななかで、画像保存という合理性優先の手段に対して、きっちりとした記憶の保存という、本来の記憶を飾るという江戸庶民の精神にのっとった動きをする傾向が出てきた。写真をプリントして、額縁に飾ったり、台紙に入れてギフトしようという動きである。しかも、そのためにちゃーんと日本人の合理性にも考慮している。受け入れやすいような形にして提案しているのである。

_S0A3182ピッコロ.jpg そういう意味での写真用品である。まず、台紙では本欄でも度々登場させている山田台紙である。ここは、手軽にかつ品質の良いものをギフトする台紙ということで提案している。デザインもイベントごとに設定されており、柔軟だ。これからなら父の日ギフトだろうか。さらに、これは用品メーカーとは言えないかもしれないが、写真家の鈴木さや香さんが自身の店であるアトリエピッコロで提案する「写真封筒」である。写真を封筒にして残して楽しく送ったり、飾ったりしようという提案だ。台紙にしても、封筒にしても今の時代の日本人にマッチしつつ、精神に働きかける写真商材なのかもしれない。

 まさに、アトリエピッコロの写真封筒と山田台紙の台紙は日本人の心に合った提案用品、なのだ。

 しかし・・宵越しの銭は持たない。そうだよなぁ。基本、少ない原資をやりくりしてでも呑んでしまう。酒に消えてしまうのだ。これを、自己投資などというものに使ったら、もっと偉い人間になっていたかもしれない。。とりあえず、そのことを酒を呑みながら反省することにする。

インダストリアのバッグはどこでも輝き人を惹きつけるのだ

「そこのみにて光り輝く」という映画を観たことがある。まぁ、その内容などはどうでもいい。問題は、このタイトルである。これは、実は一般に当てはまらない言葉ではないかと思うのだ。

 特に人間力というものに関してだ。というのも、一箇所で輝いている人間というのはどこでも輝くものである。

 具体的な例を挙げよう。起業する人間のパターンである。今まで、脱サラして起業する例を公私ともに結構見てきたのだが、一応の軌道に乗せていくタイプというのはサラリーマンとしてもそこそこ優秀だったタイプが多い。いち組織人としても、そこそこ実績をあげて輝いていたのだが、さらに発展を期して独立したという感じだ。一方、うまくいかないタイプは、その逆だ。今の会社が嫌だとか、人に遣われるのが嫌だ。上司が嫌いだ、などと不満を根っこに起業するタイプだ。これはうまくいかない。

 117208447_o1.jpg理由は簡単だろう。起業するということは会社を経営するということだ。業務に関わることをやっていればいいというものではない。雑用も多いし。何よりも、対人関係の極致とも言うべき営業をやらないといけない。いや、むしろ営業が根本だろう。与えられた業務に集中できる分、不満を言いながらサラリーマンをやっていたほうが楽なはずだ。そのある意味、面倒くさいことはしなくてもいい業務さえから逃げているのに、その何倍も大変な起業などできるわけがない。一度起業しても、すぐに、その現実を突きつけられて、結局また逃避してしまう。

 もっとも、個人事業主的にフリーランスになるタイプは別だ。なぜなら、どうしても組織に馴染めない体質の人間というのは一定数存在するからだ。知り合いのデザイナーなどは、まさにそのタイプで。勤め人時代は、ストレスで胃潰瘍になり、フリーになってそこそこ有名になり仕事が安定し元気に暮らしている。小説家などにも、こういうタイプはいる。

 だが、ことビジネス社会という土俵で考えると、やはり「どこでも輝く」という人間が成功するということになる。

 これは歴史上の人物を見てもそうだ。豊臣秀吉だって、織田会社の優秀な営業マンだった。もし、信長が本能寺で殺されなかったら、本人はコツコツと優秀なサラリーマンを続けていたはずだ。徳川家康だって、老舗の今川株式会社の優秀な社員だったろう。例は悪いかもしれないが、間宮林蔵だって、優秀な探検家であるとともに、有能な諜報部員だった。さらに、黒田官兵衛だって小寺家の優秀な企画部員だった。斎藤道三については、これは父子二代の業績というのが近年明らかにされたが、その先代のほうは実に優秀な土岐氏の総務部員だった。電力王と言われた松永安左エ門だって、もともとは優秀なジャーナリストだ。例外は、業界紙の方にも書いたのだが、北条早雲で。彼の京都での幕府いわば官庁のサラリーマン時代は伝わっていない。これは、多分、官庁という閉鎖性のせいか記録に残らなかっただけだろう。いずれにしても、どこでも輝く人間が起業を制する、のである。

 ところで、写真用品である。インダストリアというバッグブランドに注目が集まっている。これは、アルティザンアンドアーティストの創業者であるデザイナーの半杭誠一郎氏が立ち上げたブランドだ。同氏は、アルティザンを退任したあとは、カメラマンに転身。そこでも実績をあげていたのだが、やはりゼロからもう一度自身のブランドを立ちあげたところ、ファンがつき売上を伸ばしている。常に使う立場にたち利便性も重視。さらに、そのムダを削ぎ落としたところから来る機能美やファッション性に配慮したバッグなどである。特に、ネオプレーン式のバックパックなど、背負った際に負荷がかからずに、しかもタウンユースの雰囲気もある。もちろん、カメラバッグとして使う分は最高である。本人曰く「カメラを入れるバッグ」ではなく「カメラが入るバッグ」というコンセプトで考えたようだが、この微妙さがなんとなくうなづける。

 まさに、インダストリアのバッグはどこの場面でも光り輝くバッグ、なのだ。

 ちなみに、この欄でも取り上げたことがある真田紐ストラップやハンドストラップ、クリーナー用品などで売上をあげているサンアイの三島社長ももとアルティザンである。在職時代は営業のエースだったようだ。ちなみに、これも売上を伸ばすゲリツブランドのKカンパニーの社長や沖縄のオリエンタルホビーの社長は、もとレモン社の中枢メンバーであった。何か軌道に乗せた起業家が同じ会社に同時期にいたというのは、ちょっとおもしろい。そういえば、新撰組の斎藤一と文豪の夏目漱石は、東京高等師範学校という職場で同時期働いていたようだ。一方は名を変えての守衛、一方は金之助の名前で英語教師としてだったが・・。